清宮幸太郎のドラフトを見据えて、入ると危険、入ると良いプロ野球の球団を述べています。

もし、清宮選手のレベルが、プロでやっていけるところまでいっていなかったら、大学進学も視野に入れています。

ただ、どこに行っても、進化を願いたいですね。

新規コメントの書き込み