落合博満さんは、いつでも合理的な改革的な考えをもっています。

自身の入団当初の経験からこのように指導するようになったのですね。

新規コメントの書き込み